脱毛のデメリット

脱毛をするデメリット

脱毛,デメリット

 

脱毛するデメリットは、お金と時間がかかりることです。全ての永久脱毛では1回受けただけでは終わらず、毛のサイクルに合わせて何度か施術を行わないといけないです。通う回数と単価は店舗で異なり、数店舗聞いて信頼出来る所を選びます。

 

途中で辞めてしまうと、自分で自己処理を行わないといけなくなります。脱毛をすると本当に生えてこなくなり、ヒゲ等は将来生やしたい時に生やす事が出来なくなります。ヒゲや眉毛やもみあげやうなじ等のデザインは将来の事を考えて、少し多めに残す方が良いです。

 

レーザー脱毛や光脱毛は黒いものに光を集める事で脱毛を行うため、日焼けをしていると施術を断られます。夏でも冬でもUVクリームはマストで使用して、どうしても焼ける人は夏の施術は控えるようにします。こうなると毛周期が乱れて、回数が余分にかかってしまいます。

 

脇脱毛を行うと脇汗が多くなったと感じる事があり、毛が減る事で肌が摩擦されやすくなりこのような感覚を感じます。ワキガが元々ある人が脱毛をすると、臭いがきつくなったと感じる人もいます。最初から全てをなくさずに、半分の量に減らして様子を見てから3から5回程を行っていきます。

 

汗が気になる人には、施術の継続はお勧め出来ません。

デリケートゾーンを脱毛で全剃りする

脱毛,デメリット

 

デリケートゾーンを全剃りするメリットは、毛質が固くて多い人が全剃りをすると毛が柔らかくなることです。アンダーヘアの毛は濃くて密集しているので、1.2回程全体に照射する事によってボリュームを落として次に生える毛を柔らかい毛に変えられます。

 

全体的に自然と薄くなっていくので、途中でデザインを変える事も出来ます。デリケートゾーンは臭いやムレがあり、嫌な人がほとんどです。生理の時には特に辛く、臭いやムレはアンダーヘアが原因になっている場合もあります。

 

全剃りをする事によって、通気性は良くなるのでムレが改善されます。アンダーヘアがなくなるので、毛に付着していた臭いや汚れがなくなります。臭いも改善出来て、常に清潔な状態を保てます。下着や水着の形によっては、アンダーヘアの処理は必須です。

 

アンダーヘアを自己処理をするとチクチクしたり、痒くなったりと不快になります。デリケートな個所であるので、自己処理で肌を傷めてしまう危険性もあります。全剃りをすると毛がなくなり、自己処理からの危険性から解放されて煩わしさもなくなります。

 

全剃りをして後悔する人は少ないが、大衆浴場に入る時に恥ずかしい思いをする人がいます。日本人には馴染みがないので、仕方ない事でもあります。

シースリーPR新越谷店のご予約はコチラ!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに興味のある方は、トップページでC3(シースリー)の詳細をチェックしてみてください。